お仕事の日々

2014年01月

先日の現場で、室内の内容を入りきれなかった人のために外部モニタに映すという案件がありました。

予算を押さえるためにモニタは通常の液晶テレビ。

しかも天気は最悪の雨 (;_;)

IMG_3894

続きを読む

パソコンという便利なものができてだれしもその恩恵を受けている日々。

自分もとても便利に使わせていただいています。

でも自分の場合ですが、手書きが一番という事もあります。

配線図や機材の構成図など思いつくままに機材を書いて線を引いていって、そして問題がないか推考する。

この行動には手書きが一番だと思っています。

FSImg

続きを読む


ph_productPanasonic AK-HC3500

中継用カメラとしてパナソニックのマルチフォーマットHDカメラAK-HC3500を当社は採用しています。
2/3"220万画素IT-CCDで14bitA/Dコンバーター採用です。
当社では3セット導入しており、標準として中継車にセッティングされています。
CCUはAK-HCU935を採用しています。フルオプションですのでHD出力・SD出力どちらも対応可能です。

続きを読む

カメラマンにとって 「三種の神器」 とは何を表わすのか?

時々いろいろなカメラマンの手持ち道具を拝見していてそれぞれにいろいろなこだわりや思いで持っているものがあります。

かといって無いとどうにもならないものはほとんどなくて無くても大丈夫だけれどこれがあると安心 的なものがほとんどかと思います。

僕の持っている三種の神器はこちら

IMG_3794[1]続きを読む

今日の現場はイベントの番組用収録でミニカメ合わせて4カメでの収録でした。

IMG_3775[2]
4台共にカメラマンがそれぞれついてイベントが進行していく中で、それぞれのカメラマンが他のカメラはこう撮影しているであろうというイメージを持って自分のカメラは別の映像を撮影していくのです。
時に他のカメラをチラ見してカメラの向いている方向や角度で察して自分のカメラのアングルを決めます。


続きを読む


TH-D7700Panasonic TH-D7700

普段使いの定番7000ルーメンDLPプロジェクターです。
豊富な交換レンズで幅広い投影距離をカバーします。
4000:1の高コントラスト、高画質設計、独自の2灯式光学システムで安定・安心運用
ステージ上の明るさは多少落とす方が見やすくなりますが、十分な輝度を持っています。
続きを読む

TH-D10000Panasonic TH-D10000

定番の10000ルーメンDLPプロジェクターです。
豊富な交換レンズで幅広い投影距離をカバーします。
5000:1の高コントラスト、高画質設計、独自の4灯式光学システムで安定・安心運用
ステージ上の明るさを気にせず視認できる高輝度はとても便利です。
続きを読む

思い付きで何ですが、当社の機材のリストを作ってみたいと思います。
(ちゃんと紹介文も入れれると良いな)

暇な時にちまちまと思いだした順で載せていきますので、不定期な掲載になりますが暖かく見守ってください。

早野

収録やイベント等でマルチカメラを組むと良くあるのが、捨てカメ

ほとんど出番はないけれども、ちょっとしたときに使えると嬉しいカメラ。

こんなところに1台あると、画が生きるよね~ なんて話しながら置いておくのが難しい。

今までは民生カメラやPMW-EX1などを固定して、ケーブルだけ引いてたりしてたのだけれど画質が合わない。
という事がいっぱいあった。入れてみたけれども色味がね~ちょっと違いすぎるね~ なんてことに。

そんなときに使えるかな? と思い、ちょっと気になるカメラを買ってみました。

SONY HDC-X310 

IMG_3764[1]

このカメラ1/2ですが3CCDでゲンロックもかけてHD-SDI出力も出来てさらにRM-B150等のリモート制御が可能というのが便利です。

続きを読む

年末年始と大きな仕事もなくだらだらと過ごしていましたが、気にしないといけない事もあります。

バッテリーの管理。

カメラ用のバッテリーや照明用等のバッテリー。
さらにはイベント用のノートパソコン等もあります。

さらに強力なのが「中継車」!

暗電流が多めなので、ほっとくとエンジンが掛けられなくなってしまいます。

IMG_3749[1]
続きを読む

Dsub29pinのコネクターって知ってますか?

おそらくほとんどの方は何それ?でしょうね。

うちの中継システムのカメラはPanasonicのAK-HC3500というシステムカメラです。
このカメラの大型ビューファ用のコネクタがこのDsub29pinなんです。

Dsubという種類のコネクタは様々なものに使われています。
パソコンのモニター用のコネクタもDsub15pin(高密度型)です。
あっ、いまはDVIコネクタが多いかな?昔のモニターで青いコネクターというとわかる方もいるかもしれませんね。

この規格 9pin・15pin・25pin・37pin・50pin が基本としてあるんです。

29pinなんて、初めて知りました。!(◎_◎;)

画像1


純正のビューファー1台で軽なら新車が買える値段なんですよね。_| ̄|○

なのでうちは別のモニターを使えるように変換ケーブルを作ろうと思ってるんですが…コネクタが特別で手に入らない…_| ̄|○

なんてこった です。

まぁ純正を買えば済む話ですが、買えません。
とりあえずその辺りから、ゆっくりと準備しないといけないようです。

なんでもうちょっと一般的なコネクタにしてくれないのかな? とボヤくと「お前みたいなのがいて、売れないからだろ?」とあっさり言われました。

確かにそうなんでしょうね〜(≧∇≦)

早野

中継車の中って、密閉された空間で窓にはすべてカーテンをかけてしまい、外の様子は分からなくなります。
カメラからの映像がモニタに映し出されて、モニタの中に映っている外を見ているのです。

中継車の中に年末に購入した中継車用の時計を設置しました。

IMG_3744[1]

天井からぶら下がっているやつです。
 

カミングの仕事的には、まず生中継はありませんが、やはり時計は必要です。
ここ以外に良い場所がなかったので暫定ですが…。

しばらく使用してみてもうちょっと勝手のいいところがあれば移設していくようにします。

早野

カミングのスタイルは「お手伝い」が多いです。

番組やVP、イベントなどの機材や人材など、あることに向かってのお手伝いをいたします。


ちなみに今日はレギュラー番組のお手伝い。
Bカメ担当です。人と機材ですね。

画像1


実はこの番組、料理番組で週一のオンエアーですが、4本撮りなんです。

出演者のスケジュール調整が難しいため、朝から晩までかかってひと月分の収録しています。

オンエアーではものの数分で終わりますが、現場では材料や完成の料理、手順確認して撮影カットの確認して出演者リハして本番して…。
中々に手間暇かかってるんですよ〜(≧∇≦)

ひと月5週ある月は…_| ̄|○
大変です。

長年放置してしまったブログ。

皆さんご無沙汰しています。早野です。

放置している間に会社名が変わり、2014年1月からは法人化することになりました。

法人化は実は2013年の6月からだったのですが、さまざまな状況から昨年は個人営業のままで準備期間のような形で仕事を進めていました。

年明け早々、ブログを独自ブログからライブドアに引っ越したのは、一発で変換できるからです(ものの10分で終了しました)
気分一新して仕事の様子などいろいろとまた書き始められればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

早野

このページのトップヘ