お仕事の日々

2014年02月

テスト環境にMavericksをインストールしてチェックしていたのだが

かなりな動作不良…。なんじゃこれ状態。

MacOS X 10.9 Mavericks は良く落ちるとは聞いていたがここまでとは…

編集してみてもレンダリングからファイル読み込みからとにかく調子悪い。

なんだかな~ なんて思いながら作業してるとなんだかある一定の作業に偏って動作が不安定になる。

これはむか~し昔に遭遇した記憶が……



これは本体不良なんじゃ…。



と気になりもぞもぞとポイント探しを とまずは掃除から
IMG_3961
うん。綺麗になった

続きを読む

先日のテスト環境構築に際して、FinalCutProXのインストールを…と思っていましたが
今のFCPX(10.1.1)はMacOSX10.9が必要とのこと。

いやぁー(>_<)
IMG_3936[1]
なんでかなぁ~ Marvericks はまだドライバー類に不安なところもあるのに10.9じゃないとインストールできないなんて!

まったく勘弁してほしい。


続きを読む

編集作業はここ10年ず~とMacでの作業でした。

FinalCutProとMacOSXの安定コンビが、Windows2000とPremiereの不安定コンビから抜け出す手段でした。

まだまだMacとFCPの組み合わせは使っている人も少ない頃にガツガツ使って周りに勧めまくっていたのを思い出します。

それからほぼ編集作業はMac一色。

ただこれも陰りが出てしまっているのが現実です。

FinalCutProX で以後の開発が実質的にストップの気配。

大体 FCPX ってiMovieのバージョンアップであるだけでFCP7からのバージョンアップでは決してないと思っています。(64bit対応だったり HD化で処理が早くなったりというのは現実としてありますが…)

で、今現在ずっと古い環境で行ってきた作業ですが、さすがにHD化の中でだんだんと苦しんでいます。

ちょっと気まぐれもあってテスト環境を作ることにした。
IMG_3932[1]続きを読む

映像の編集をしていると、ナレーションの収録という事が必要になってくる。

当社ももちろんナレーターさんにお願いして収録するけれど、収録する場所はこちら。

IMG_3924[1]続きを読む

私達のような仕事をしていると、機材をしまったり、運ぶ時に必要なハードケースがあります。

DuplexだったりARMORだったりPULSEだったりRoadReadyだったり…

このケースラックマウントならまだしも機材用のケースになると、オーダーして作ってもらうことになります。

もちろん自分仕様にカスタマイズできるので使いやすくてとても便利なのですが、値段が結構… いやとても高いのです。

ウチのように貧乏会社にはポンポンと買うことができません。

大抵がダイキなどでアイリス⚪︎ーヤマなどのケースなどを加工したり、中に自分でウレタンを配置して使っています。T^T

でも中にはきちんとしておきたい機材もあります。


ということで、たまたまヤフオクで見つけて落札できたARMORのハードケースにウレタンを切って貼ってして作りました。

画像1


Roland V-1600HD用ケースです。

今までは購入時のダンボールというありさまでしたので、さすがに…_| ̄|○

さぁ、これからもがんばって仕事してくださいね!

このページのトップヘ