収録やイベント等でマルチカメラを組むと良くあるのが、捨てカメ

ほとんど出番はないけれども、ちょっとしたときに使えると嬉しいカメラ。

こんなところに1台あると、画が生きるよね~ なんて話しながら置いておくのが難しい。

今までは民生カメラやPMW-EX1などを固定して、ケーブルだけ引いてたりしてたのだけれど画質が合わない。
という事がいっぱいあった。入れてみたけれども色味がね~ちょっと違いすぎるね~ なんてことに。

そんなときに使えるかな? と思い、ちょっと気になるカメラを買ってみました。

SONY HDC-X310 

IMG_3764[1]

このカメラ1/2ですが3CCDでゲンロックもかけてHD-SDI出力も出来てさらにRM-B150等のリモート制御が可能というのが便利です。

しかも、カメラ部とインターフェイス部を光ファイバーで切り離せるのが良い。

光ファイバーはシングルモードのDUPLEXなので、現状は通常の光ファイバーを用意中です。
100mと25m かな。
稼働率が高ければ、カメラ用OCCケーブルに接続できるよう変換をかまして、電源等も一緒に送れるようになると便利いんだろうけれど…今は無理。

リモコン雲台も使えればもっと面白くなりそうだけれど、うちのFUJINONのリモコン雲台でどれくらいい感じで動いてくれるのか気になるところです。

何にしてもお金かけずに使える機材を増やしていきたい貧乏会社は知恵と工夫とひたすら努力で頑張るのみです。

中継車のポールの上にカメラを乗せるのも野外のイベント現場等では便利そうだな…。実験してみないといけない

早野