お仕事の日々

タグ:自作

タカチ電機工業さんへカスタムケースを発注して数日

楽しい楽しい待ち遠しいです。

本当であれば(昔なら)ケースの加工からするのだが最近はちょっと変わってきた。

仕事に使うものなら「見た目も大事!」とか、「設計するのも楽しい」とか

ちょっと不精になって来たのかもしれないが、今回は構想を練り、設計して製図して

届いたパーツをくみ上げて! というところに楽しみを見出しています。

ということで、他のパーツを手配して今日届きました。ルンルン♪

今回のパーツは

●Unislotの受けDsub25ピンのオスコネクタ

●カメラからの映像入力CanareのBCJ-RUコネクタ

●カメラからの音声入力ノイトリックのNC3-FPBコネクタ(後で後悔しました、本来ならNC3-FDLXBが良い)

●カメラと接続するケーブル用コネクタ類

である。

別途手持ちのパーツ

●Vマウント用にIDXのA-NH2E

●Vマウント用にIDXのP-V2(手持ちのパーツのため写真は旧タイプ)

である。

タカチからのケースが届くのがまだかまだかと待ち遠しい

どう作っていくか本当に楽しみです。

最近、何も作っていない

なかなか時間がなくて作り物をしていないのである。

ケーブルすらも作っていない…半田ごてを握っていないのが4ヶ月…

先日から、何かを作りたいとムクムクと心の中で大きくなってきた気持ちがありました。

そこで以前から気になっていたものを作ることにしました。

それは、「ワイヤレス装置のケース!」である。

マランツから発売されている映像をワイヤレスで飛ばす装置「WV-1200」を持っているのだが

WV-1200  Video Receiver/Transmitter System

この装置、セッティングにはIKEGAMIやPanasonicのカメラにあるunislotにセッティングするのである

いわゆるカメラの後ろのワイヤレススロットです。

ところがヴィキューブはSonyのカメラがほとんど、Unislotなぞはないのである。

今までは買った当初作っていた変換ケースにセットしていたのだがいかんせん取材には不向き

ここは一発、Vマウント対応でカメラとバッテリの間に挟みこむ形で構想を練りました。

悩んだのはもちろんケースと加工です。

そこには便利なインターネットの検索がありがたい限りで㈱タカチ電機工業さんが

カスタムで1個から加工してくれることを知ったのである。

僕が中学ころに作っていた電機工作にもタカチのケースを使用していました ^_^

当時はプラケースばかりを使っていましたが、今回はもちろんアルミケース

ざざざっと図面を書いてタカチへPDFで送りさっと見積もりをお願いしました。

当初はちょっとかかりますが図面を見直し加工もできるだけ簡単にできるよう再度設計しなおしです。

最後にイラストレータを使って(CADソフトなんて使ったことないんだもん!3Dソフトとイラストレータで悩んだのです)

きっちりと図面を仕上げました。(久しぶりに製図したもんで穴のサイズ指定とか全然思い出せなかったです)

こんな感じ(写真は後日アップしますね)

なんとかこれで進めていこうと思います。

このページのトップヘ